30代と40代のスキンケアはどこが違う?40代からのスキンケアのポイント

30代のエイジングケアの基本は、訪れる老化を日頃のケアで遅らせることがポイント

40代スキンケアのポイント

30代になったらエイジングケアをはじめた方がよいとよく言われます。一方で40代になったら本格的なエイジングケアを心がけないとシワやたるみなどのトラブルに悩まされるようになる、とも。

 

となると30代と40代のエイジングケアではどこが違うのでしょうか?30代からエイジングケアを行っていた人は40代になったらどんな点を変える必要があるのでしょうか?なかなか難しい部分でもあります。

 

30代のエイジングケアの基本は「老化を予防する」ことです。人間の肌は30歳前後から衰え始めると言われており、それを日ごろのケアでカバーしていくことで進行を防いでいくことができるのです。

 

30歳の段階からやるべきことをしっかり行っていた人と、40代になってあわててエイジングケアをはじめた人では10年間の差が非常に大きくあらわれると言います。

40代は老化がもたらすトラブルそのものをを防ぎ、改善するケアが求められる

40代スキンケアのポイント

一方40代のエイジングケアは「老化がもたらすトラブルを予防・改善する」ことです。老化そのものよりも老化によってもたらされるシミ、シワ、たるみ、くすみといった具体的なトラブルを防ぎ、改善するためのケアが求められます。

 

よく老化がはじまる時期を「お肌の曲がり角」と言いまずか、これは2回訪れると言われており、1回目は先ほど触れた30歳前後、2回目は30代後半とされています。

 

この2回目のお肌の曲がり角から老化が加速していくため、40代になると老化の影響が目に見える形で起こりやすくなっていくのです。

 

30代のスキンケア・エイジングケアでは老化がもたらす肌の変化に対応したケアが求められます。

 

まず角質層から減少していく保湿成分をしっかり補うこと。セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸が配合されたスキンケア製品が求められます。また老化の原因となる活性酸素を防ぐ抗酸化作用も欠かせないでしょう。

 

それに対して40代のケアでは自分が今どんなトラブルを抱えているのかをよく把握したうえで適切な方法を選んでいく必要があります。

 

シワが気になり始めた方はコラーゲンの増加やターンオーバーを活性化させる製品、シミが気になり始めた方は美白化粧品、刺激に敏感になってしまっている方はバリア機能の改善とともに低刺激な化粧品を選んでいく、など。

 

つまりひとりひとりの肌環境によってケアの方法や使用すべきスキンケア製品の選択肢にも違いが出てくるわけです。

 

その分40代のスキンケアは日ごろから自分の肌をチェックし、周囲の情報や宣伝に惑わされることなく自分なりのケア環境を整えられるかどうかがポイントとなります。改めて今のケアが適切なのかどうか、見直してみてはいかがでしょうか。

40代で使ってみたい美容液口コミランキング

コスメルジュ編集部が選んだ!40代におすすめ美容液

リソウ リペアジェル

コラーゲンを作る力を引き出す!美容のプロが選んだ無添加エイジングケア美容液
今なら8,000円相当が1,980円!通販限定
(15000円の本商品が2週間たっぷりお試し!さらにリペアウォーター3000円付)
>>公式HPで詳しく見てみる!

米肌(MAIHADA) 肌潤改善エッセンス

米肌(MAIHADA) 肌潤改善エッセンス

常に潤う肌に!セラミドを増やして乾燥肌質を根本から改善する薬用保湿美容液
2週間トライアルセット1,389円・税別
(肌潤石けん・肌潤化粧水・肌潤改善エッセンス・肌潤クリーム・肌潤化粧水マスク)
>>公式HPで詳しく見てみる!

資生堂 HAKU メラノフォーカスV

13年連続売上1!2種類の美白有効成分にシミの増殖を抑える新成分を配合!
3週間(約40回分)お試サイズ2,916円・税込 ※Web限定・お一人1回限り
>>公式HPで詳しく見てみる!

スキンケア ジェル NMバランス

潤いと透明感を生む2つのコラーゲンに加えて肌へのダメージを防ぐ新成分を配合
2週間お試し2,777円相当→1,080円・税込 ※初めての方限定!
>>公式HPで詳しく見てみる!

ヴィーナスプラセンタ原液

ヴィーナスプラセンタ原液

1滴でシミ・シワ・毛穴に即感力!貴重な3大美肌成分を原液でトリプル配合
30ml 4,500円・税別/定期初回1,980円(2回目以降3,600円)税別
>>公式HPで詳しく見てみる!