どこまで揃える?40代に必要な化粧品の種類

化粧水の役割の重要性をしっかり知り、肌に刺激を与えないものを選びたい

40代に必要な化粧品の種類

40代になったらこれまでよりもスキンケアを充実させなければならないとよく言われます。いわゆるエイジングケアが必要になるわけですが、現在では40代向けの化粧品もたくさん市場で売られています。

 

しっかりとエイジングケアを行う必要はわかっていても、どれを選んだらいいのか、そもそもどこまで揃えるべきなのか悩んでしまうことも多いものです。

 

40代のケアにはどんな化粧品が必要なのでしょうか?それを知るためにはそれぞれの種類の特徴や目的をよく把握しておきましょう。

 

まず洗顔後に最初に使用することになる化粧水。この目的は洗顔後に無防備になっている肌を整え、その後の美容液などのケアがしやすい環境へと導くことです。

 

現在発売されている化粧水には保湿効果や美白効果を備えたものも増えていますが、あくまでこの基本的な目標を備えているかどうかが大前提です。

 

とくに40代になると肌が刺激に敏感になるので化粧水の役割が重要になっていくとともに、化粧水が肌に刺激を与えないよう注意して選んでいくことが大事です。

美容液は自分が抱えている問題や不足している成分を把握し適切に選ぶ

40代に必要な化粧品の種類

美容液は美容成分を肌に補うためのアイテムです。ですから現在の自分がどんな問題を抱えているのか、どんな成分が不足しているのかをよく踏まえたうえで選んでいくことになります。

 

乾燥が気になるなら保湿成分、老化を防ぎたいなら抗酸化成分、そのほかターンオーバーの活性化、コラーゲンの生成、美白対策など目的に合わせて美容成分が配合された製品がたくさん売られています。

 

扱いが難しいのが乳液・クリームです。基本的な目的は美容液を使った後に油分を適度に補うことでフタをして補った水分と有効成分を閉じ込めることです。

 

乾燥している人ほど水分が蒸発しやすい状態になっているのでとても大事なアイテムとなります。乳液とクリームの違いはおもに油分の含有量でクリームの方が多くなります。

 

最近ではセラミドを配合した製品も増えているのでスキンケアの一環して活用することもできます。この2つのアイテムは自分の肌の乾燥状態を踏まえた上でどちらかを使用するか、両方を使用するか検討するとよいでしょう。

 

ただ、40代になるとスキンケアの負担・刺激がマイナスになってしまうこともあります。塗付するたびに肌を指で擦ると摩擦の刺激が負担になるのです。

 

そこでこれまで挙げたアイテムの役割を1本で済ませることができるオールインワン化粧品も注目されています。刺激が強くて思うようにスキンケアができない、と悩んでいる方はこちらを試してみるとよいかもしれません。

 

ただオールインワン化粧品はひとつひとつの効果は単品のアイテムに比べて一歩劣ることが多いので注意しましょう。

40代で使ってみたい美容液口コミランキング

コスメルジュ編集部が選んだ!40代におすすめ美容液

リソウ リペアジェル

コラーゲンを作る力を引き出す!美容のプロが選んだ無添加エイジングケア美容液
今なら8,000円相当が1,980円!通販限定
(15000円の本商品が2週間たっぷりお試し!さらにリペアウォーター3000円付)
>>公式HPで詳しく見てみる!

資生堂 HAKU メラノフォーカスV

13年連続売上1!2種類の美白有効成分にシミの増殖を抑える新成分を配合!
3週間(約40回分)お試サイズ2,916円・税込 ※Web限定・お一人1回限り
>>公式HPで詳しく見てみる!

スキンケア ジェル NMバランス

潤いと透明感を生む2つのコラーゲンに加えて肌へのダメージを防ぐ新成分を配合
2週間お試し2,777円相当→1,080円・税込 ※初めての方限定!
>>公式HPで詳しく見てみる!

ヴィーナスプラセンタ原液

ヴィーナスプラセンタ原液

1滴でシミ・シワ・毛穴に即感力!貴重な3大美肌成分を原液でトリプル配合
30ml 4,500円・税別/定期初回1,980円(2回目以降3,600円)税別
>>公式HPで詳しく見てみる!