40代はどのタイプがいい?クレンジング料の種類

クレンジング料はメイク落としに欠かせません。その意味ではスキンケアの一環として位置づける必要があるわけですが、洗顔料や化粧水に比べるとどうしても選ぶ際にあまり意識することが少なく、「メイクをしっかり落とせるか」だけに着目して選んでしまっているケースがよく見られます。

クレンジングにはオイルを始めクリームやジェル・ミルクなど様々なタイプがある

40代美容液口コミ

しかし40代になったクレンジング料は洗浄力だけでなく肌への影響も考慮したうえで適切なものを選んでいく必要があります。

 

クレンジング料の種類は数多く、それぞれ特徴を備えたタイプがたくさん市場で売られています。わたしたちが一般的にクレンジング料と言われて思い浮かぶのはオイルタイプですが、それ以外にも選択肢があるのです。

 

40代ではオイルタイプ以外に自分に合ったものがあるかどうかをチェックしていくのが大事なポイントともなるでしょう。

 

オイルタイプの特徴は油分が多く、洗浄力に優れている点です。メイクをしっかり落とせますし、アイメイクにも使用できるなどクレンジング料としては非常に優れているのですが、肌への負担が少々強いのが難点です。

 

それからクリームタイプ。こちらも油分がやや多めで洗浄力に優れている一方、オイルタイプほど肌への刺激は強くありません。またしっとりとした使い心地で厚みのあるクリームでしっかりと洗っていける点も魅力です。なお、洗い流すタイプとふき取りタイプの2種類があります。40代に適した種類の一つです。

 

爽快感と使い勝手の良さで人気なのがジェルタイプです。ジェルで洗っていくタイプなので洗いやすく、使い終わった後のさっぱりした感触が特徴です。

ミルクやローションは肌に優しいが濃いメイクは落ちにくい場合がある

40代美容液口コミ

ベタつきが苦手と言う方にも適しているでしょう。ただ水性タイプと油性タイプがあり、製品によって洗浄力や肌への刺激が異なるので注意が必要です。

 

肌に優しいのがミルクタイプとローションタイプです。どちらも油分が少なめでサラサラとしているのが特徴です。こちらも洗い流すタイプとふき取りタイプがありますが、いずれも肌への負担が少ない点が大きなメリットです。

 

敏感肌でクレンジングの負担が気になるという方にはこれが最適な選択肢でしょう。ただその分洗浄力が弱く、濃いメイクは落としにくいという難点もあります。ですからこの種類を使用する場合にはメイクを薄めにするなどの工夫が必要でしょう

 

なおクリームタイプとミルク・ローションタイプで少し触れましたが、クレンジング料には洗い流すタイプだけでなくふき取るだけで済ませることができるタイプもあります。外出先でも手軽に使用できるのがメリットですが、ふき取る際に肌の摩擦の刺激が加わってしまう難点もあるので40代の方にはあまり適していないかもしれません

コスメルジュ編集部が選んだ!40代におすすめ美容液

リソウ リペアジェル

コラーゲンを作る力を引き出す!美容のプロが選んだ無添加エイジングケア美容液
今なら8,000円相当が1,980円!通販限定
(15000円の本商品が2週間たっぷりお試し!さらにリペアウォーター3000円付)
>>公式HPで詳しく見てみる!

資生堂 HAKU メラノフォーカスV

13年連続売上1!2種類の美白有効成分にシミの増殖を抑える新成分を配合!
3週間(約40回分)お試サイズ2,916円・税込 ※Web限定・お一人1回限り
>>公式HPで詳しく見てみる!

スキンケア ジェル NMバランス

潤いと透明感を生む2つのコラーゲンに加えて肌へのダメージを防ぐ新成分を配合
2週間お試し2,777円相当→1,080円・税込 ※初めての方限定!
>>公式HPで詳しく見てみる!

ヴィーナスプラセンタ原液

ヴィーナスプラセンタ原液

1滴でシミ・シワ・毛穴に即感力!貴重な3大美肌成分を原液でトリプル配合
30ml 4,500円・税別/定期初回1,980円(2回目以降3,600円)税別
>>公式HPで詳しく見てみる!