美容液の値段は効果の違い?美容液を選ぶならやっぱり高い方がいい?

美容液を選ぶ際に値段はとても重要な要素です。化粧品は長く継続的に使い続けてはじめて効果を発揮するものですし、そのためには買い続けられる価格帯の範囲内で製品を選ぶ必要があるからです。その一方で巷で話題の製品は効果なものも多く、できるだけ高いものを買いたいという思いもあるもの。ちょっと無理して高価な製品を買った結果途中で懐が厳しくなって断念してしまった、そんな経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

美容液の値段イコール効果に繋がるわけではない

美容液の値段

そうなると美容液はやっぱりできるだけ高いほうがいい、でも変える範囲内で我慢しなければならないというイメージがどうしてもつきまとうものですが、必ずしもそうとはいえない面もあります。化粧品については「値段=効果」で判断するわけにはいかない面もあるからです。

 

近年ではプチプラ化粧品が注目を集めるようになったことで化粧品の価格差が見られるようになっています。同じ美容液でも1000円台で購入できることもあれば数千円、さらには1万円を超えるものもあります。では1000円と1万円の製品では効果に10倍の開きがあるのか?となると決してそんなことはありません。

 

これは化粧品の価格を決める要素と深くかかわっています。基本的にはその製品を開発・発売するまでにかかった費用と利益を計算したうえで値段が決められます。ですからコストがかかった製品であればあるほど値段も高くなるわけです。新しい成分、最新の処方を導入すればその開発にコストがかかります。

美容液選びでは値段よりも自分の肌に合ったものを見つけることが大切

美容液の値段

いろいろな成分を配合しようと思えずやはりコストがかかりますし、合成界面活性剤やパラベンなどの添加物を使わないようにすればやはり開発にお金がかかります。希少で海外でしか入手できない原材料にこだわっている場合にはその入手にもお金がかかるでしょう。

 

もうひとつ重要なのが宣伝・広告にかかる費用です。有名タレントを採用してテレビCMなどで積極的なマーケティングをしている製品はそこにどれだけの費用をかけているのか?もちろんそのコストも値段に反映されることになります。

 

こうしてみても効果以外のところで美容液の値段が決められている面もあることがわかります。最新の成分が配合された高価な美容液よりもコストがかからないおなじみの成分を配合したプチプラ美容液の方が相性がよい、ということも決して珍しくなく、結局は自分に合った成分が配合され、肌に負担にならない美容液を見つけることができるかどうかにかかっているのです。

 

値段だけに惑わさせず、本当に自分にとってよい製品を探していくよう心がけましょう。

40代で使ってみたい美容液口コミランキング

コスメルジュ編集部が選んだ!40代におすすめ美容液

リソウ リペアジェル

コラーゲンを作る力を引き出す!美容のプロが選んだ無添加エイジングケア美容液
今なら8,000円相当が1,980円!通販限定
(15000円の本商品が2週間たっぷりお試し!さらにリペアウォーター3000円付)
>>公式HPで詳しく見てみる!

米肌(MAIHADA) 肌潤改善エッセンス

米肌(MAIHADA) 肌潤改善エッセンス

常に潤う肌に!セラミドを増やして乾燥肌質を根本から改善する薬用保湿美容液
2週間トライアルセット1,389円・税別
(肌潤石けん・肌潤化粧水・肌潤改善エッセンス・肌潤クリーム・肌潤化粧水マスク)
>>公式HPで詳しく見てみる!

資生堂 HAKU メラノフォーカスV

13年連続売上1!2種類の美白有効成分にシミの増殖を抑える新成分を配合!
3週間(約40回分)お試サイズ2,916円・税込 ※Web限定・お一人1回限り
>>公式HPで詳しく見てみる!

スキンケア ジェル NMバランス

潤いと透明感を生む2つのコラーゲンに加えて肌へのダメージを防ぐ新成分を配合
2週間お試し2,777円相当→1,080円・税込 ※初めての方限定!
>>公式HPで詳しく見てみる!

ヴィーナスプラセンタ原液

ヴィーナスプラセンタ原液

1滴でシミ・シワ・毛穴に即感力!貴重な3大美肌成分を原液でトリプル配合
30ml 4,500円・税別/定期初回1,980円(2回目以降3,600円)税別
>>公式HPで詳しく見てみる!