美容液でシミを予防したい!選ぶ時のポイントは?

美容液でシミを予防したい場合には高い効果が期待できる製品を選ぶだけでなく、肌との相性もよく踏まえたうえで検討していく必要があります。

選ぶ時のポイントとしては肌への刺激性と効果の違い

シミは肌が刺激を受けると生成量が増加するメラニン色素が原因です。一方美容液はスキンケア製品の中では比較的刺激が強いほうに分類されます。

 

となると適切な美容液を選ばないと肌に刺激を与えてかえってシミの原因を作ってしまう可能性もあるわけです。

 

もともと美白化粧品は敏感肌には向いていないといわれていましたが、現在では低刺激の製品も増えているので無理なく使い続けられる製品を選びましょう。くれぐれも効果だけで判断しないことが重要です。

 

美白成分に関しては選ぶ上でのポイントが2つあります。

 

ひとつ目は先ほども触れた肌への刺激。ハイドロキノンに代表されるように美白成分は効果が高いほど肌への負担が大きい部分があるため、効果と刺激のバランスをよく踏まえたうえで選ぶことが求められるのです。

 

2つ目は美白成分がもたらす効果の違い

 

アルブチンやトラネキサム酸といった美白化粧品によく配合されている美白成分の多くはメラニン色素が生成されるメカニズムに介入することで生成をブロックする働きを持っています。

 

ですから予防する際には非常に効果的なのですが、すでにメラニン色素が肌に沈着してシミになってしまっている場合には効果が限定されてしまいます。

他の有効成分がどのような効果をもたらすかも配慮したい

一方ハイドロキノンとビタミンC誘導体はメラニン色素の生成を予防する効果に加えて沈着を起こしてしまったメラニン色素を薄くする還元作用も備えています。

 

つまりシミの予防がメインか、薄くするのがメインかで選ぶ基準が異なってくるわけです。

 

それから他の有効成分がどのような効果をもたらすか。美白美容液は美白成分だけでなく他の成分も併せて配合されているものです。

 

そのため組み合わせや相性によって効果にも違いが出てきます。

 

先ほど挙げた予防効果に限定される美白成分もターンオーバーを活性化させる成分でメラニン色素の排出を促すことができればすでにできてしまったシミの改善にも役立つのです。

 

また保湿も併せて行えばバリア機能を修復し刺激に強い肌にすることでメラニン色素が増えにくい環境を作っていくこともできます。

 

ですからまず自分がシミの予防と解消のどちらを目的にしているのかを踏まえ、乾燥やターンオーバーの乱れといった肌が抱えている問題も解決していけるような美容液を選んでいく姿勢が求められます。

 

美白美容液というとどうしても美白成分の効果にばかり目が向いてしまうものですが、より幅広くスキンケア、エイジングケアの観点からも選んでいくようにしましょう。

40代で使ってみたい美容液口コミランキング

コスメルジュ編集部が選んだ!40代におすすめ美容液

リソウ リペアジェル

コラーゲンを作る力を引き出す!美容のプロが選んだ無添加エイジングケア美容液
今なら8,000円相当が1,980円!通販限定
(15000円の本商品が2週間たっぷりお試し!さらにリペアウォーター3000円付)
>>公式HPで詳しく見てみる!

米肌(MAIHADA) 肌潤改善エッセンス

米肌(MAIHADA) 肌潤改善エッセンス

常に潤う肌に!セラミドを増やして乾燥肌質を根本から改善する薬用保湿美容液
2週間トライアルセット1,389円・税別
(肌潤石けん・肌潤化粧水・肌潤改善エッセンス・肌潤クリーム・肌潤化粧水マスク)
>>公式HPで詳しく見てみる!

資生堂 HAKU メラノフォーカスV

13年連続売上1!2種類の美白有効成分にシミの増殖を抑える新成分を配合!
3週間(約40回分)お試サイズ2,916円・税込 ※Web限定・お一人1回限り
>>公式HPで詳しく見てみる!

スキンケア ジェル NMバランス

潤いと透明感を生む2つのコラーゲンに加えて肌へのダメージを防ぐ新成分を配合
2週間お試し2,777円相当→1,080円・税込 ※初めての方限定!
>>公式HPで詳しく見てみる!

ヴィーナスプラセンタ原液

ヴィーナスプラセンタ原液

1滴でシミ・シワ・毛穴に即感力!貴重な3大美肌成分を原液でトリプル配合
30ml 4,500円・税別/定期初回1,980円(2回目以降3,600円)税別
>>公式HPで詳しく見てみる!